運営者プロフィール

■ カリキュラム・教材開発担当 代表 石原 正雄

スクラッチ関連の3冊の著書を通じて、開発者ミチェルレズニック教授とも親交がある、スクラッチに関して日本の草分け的存在。その他、レゴブロックなどを使ったハンズオンによるSTEM教育、レゴシリアスプレイによる社会人研修、海外留学に特化したオンライン英会話センターの運営。米国タフツ大学に設置されたユニークなものづくり教育研究機関 CEEO(Center for Engineering Education and Outreach)アドバイザリーも務めたことがある。

■ 研修会企画・運営担当 キッズラーニングセンター 代表 細川 栄治

2007年、生徒がMITメディアラボ見学でもらったスクラッチカードを見せてもらったのが、最初の出会い。時同じくして、石原氏からスクラッチを使った教育プログラムを紹介され、現在まで実践中。
元大手進学塾出身で、私塾界に残した多数の画期的な商材と商材を見抜く力は秀逸である。