アナとエルサと一緒にプログラミングを学ぼう!

スクリーンショット 2015-01-08 7.12.39

Code.orgの最新のアクティビティはアナとエルサとプログラミングを学んで氷の上に美しい幾何模様を書いていくものです。自分の書いたコード通りにアナやエルサがスケートを舞ってくれるのは見ていても面白いですよ。

日本語の解説も完全について知識ゼロから始められます。対象は7歳以上となっていますが角度計算、内角、外角を学んだ小学3年生以上が取り組むのに適してます。もちろん大人がやってみても自分でアニメーションを作っているようで楽しめると思います。

Code.orgではこの他にもアングリーバードを使った入門アクティビティやより発展的なコーディング課題も多数紹介しています。

Code.orgで学んだ後、もっと深くプログラミングを学びたい子供達にあなたが教えてみませんか?次の基礎編講習は2月8日です!

カテゴリー: 未分類

スクラッチ書籍がアマゾンカテゴリー1位となりました。

スクラッチの書籍がアマゾンのゲームプログラミングカテゴリーで1位となっています。時代は「ゲームで遊ぶな、ゲームを作ろう!」になってきたようです。
スクリーンショット 2014-12-15 20.01.23

カテゴリー: 未分類

アワーオブコード 米国プログラミング普及週間

obama

アワーオブコードは米国でプログラミング教育を普及するための1週間の全国的なイベントです。1時間でいいからプログラミングをためしてコード(プログラム)を作ってみよう!ということでアワーオブコード(Hour of Code)と呼ばれています。主だったIT企業や学校はもちろん、オバマ大統領も2020年に100万人が不足するとされるIT人材育成のため子供たちへのプログラミング教育の大切さを訴えています。この記事ではオバマ大統領がJavaScriptと呼ばれるプログラミング言語でコードを作る様子が紹介されています。

オバマ大統領もプログラミング!?

カテゴリー: 未分類

なぜプログラミングを学ぶ必要があるのか?

プログラミングは技術者だけのものではありません。音楽家にならなくても演奏が出来たら人生が楽しくなるように、プロにならなくてもスポーツを楽しんで仲間と充実した時間を過ごせるように、プログラミングを通して他の活動では気づくことのできない人間の思考の面白さや作る楽しさを体感することができます。
例えば抽象化(Abstraction)。プログラムの実体とはいくつもの命令を組み合わせてコンピュータに実行させたい複雑な手続きを作っていくものです。命令のかたまりが大きく、複雑になった時にこのかたまりに名前をつけることでいつでもその名前だけで簡単に呼び出したり、より複雑な命令を作るための部品として使うことができます。プログラミングではこの抽象化を何段階でもほぼ無限に続けていくことができるため一人の人間の頭脳から驚くほど巨大で複雑なソフトウェアを生み出すことが可能となります。
抽象化は思考のテクニックとも呼べるスキルです。どのような分野でも複雑な問題を解決していく時、問題となる対象を分割単純化する一方で解決の手段については単純な要素を組み合わせて最終的には複雑な問題を解決する方法を作り上げます。抽象化のテクニックはこのプロセスに応用することができます。プログラミングをやってみることで他にもこのような思考のテクニックを身につけることができます。すべての人が学ぶ価値があると思います。

カテゴリー: 未分類

IT業界リーダーがこぞってプログラミング教育を推進する米国

”プログラムの作り方を学ぶことは、考えることを学ぶこと”、スティーブ・ジョブズ。米国では2020年までに100万人を超えるIT技術者の不足が見込まれて、業界はもちろん政府もこのままでは米国のカッティングエッジを保持することができないと危機感を募らせている。そんな中で Code.org が始めた Hour of Codeがなかなか素晴らしい。関連ビデオもマーク・ザッカーバーグやビル・ゲイツなどITのオールスターが登場して若者がCS(コンピュータサイエンス)を学ぶことを励ましたり、基本的なプログラミングの考え方などを直接ビデオで教授している。

現在文科省は2020年までの大きな教育目標をグローバル人材育成の元、英語教育においているが英語だけで本当にいいのか?という疑問は残る。Khan Academyが示すように伝統的な学校授業を思い切ってflippingしてしまえば(日本では逆転授業というらしい)はるかに多くの子供たちが英語を勉強しつつプラスワンの技能や得意分野を身につけていくこともできそうにも思える。

カテゴリー: 未分類

プログラミング教育の潮流

オバマ大統領が力強く「若者よ、子供達よ、コンピュータサイエンスを学べ」とスピーチしています。世界的に今後需要が増して供給が不足するコンピュータサイエンス分野の才能を磨くことはインターネットさえあればどこでも誰でもできます。

「ゲームで遊ぶな、ゲームを作ろう」、私自身がもう何年も前に本のサブタイトルにした言葉を今はオバマ大統領がこのスピーチで述べています。スクラッチでプログラミングをはじめて自分だけのゲームやインタラクティブな作品を作ってみましょう!

カテゴリー: 未分類

カテゴリー

PAGE TOP ▲